保育士の転職情報 - cpjudo

先輩保育士さんが教える転職情報サポート。一緒に内定getしましょう!

転職情報を集めたら次は応募。一括応募で有利に転職活動を進めたい保育士がチェックすべき保育園の転職情報はここ

保育士の退職金ってなに?いつもらえるの?

time 2016/06/20

Pocket

そもそも、退職金ってなに?

退職金は、仕事を退職するときにもらえる、いわば「一時金」として考えることもできるお金です。次の仕事に就くまでの間の生活資金にしたり、心身のリフレッシュのためにつかったりする人も多いのではないでしょうか。

しかし、この退職金ですが、勤めていた人全員がもらえるお金ではないことをご存知でしたか?「あてにしていたけど、もらえなかった…」ということが起こらないように、保育士の退職金事情を見ていきましょう。

保育士の退職金ってなに?いつもらえるの?

保育士の退職金ってなに?いつもらえるの?

保育士は全員退職金をもらえるの?

一般的に保育士の退職金ですが、ほとんどのケースで正規職員として勤めていた方に対して支給されます。パートタイマー・アルバイトなど、非正規職員に対しては、長期間勤めても支給されないことが少なくないため、注意しておきましょう。また、退職金が支給されないことそのものは、違法ではありません。そのため、「退職金をもらえていません!」と抗議する前に、あらかじめ勤務先の就業規則や契約内容を確認しておきましょう。

公立保育園のケース

保育士は地方公務員になりますので、退職金の支給対象は条例によって定められたとおりになります。総務省の「地方公務員の退職手当制度について」という資料によると、公立保育園に勤務1年以上の保育士が支給対象になります。

私立保育園のケース

私立保育園では、就業規則に「退職金についての定め」があるかどうかによって変わります。退職金を支払うことは、法律の定めがあるわけではないため、保育園側の考え方はもちろん、運営状況などによって支給状況が変わります。

福祉医療機構の「退職手当共済制度」に加入していることで退職金が支給する保育園の消すでは、1年以上務めた保育士に退職金が支給されます。また、保育園が独自に退職金を支給するケースでは、他業種でも一般的な「3年以上」を支給対象とするケースも見られます。

保育士が退職金をもらえるのはいつ?

退職金の支給日は、公立保育園では退職手当条例、私立保育園では就業規則で定められています。そこに「退職日の○か月後までに支払う」などという記載があるのではないでしょうか。公立保育園では、退職日の1か月以内に支給されるケースがほとんどです。また、私立保育園では、一般的に1~3か月以内に支給されるようです。退職日当日に受け取れることはあまりありませんので、退職金をつかう予定を立てる計画があるのであれば、あらかじめ支給日を忘れずに確認しましょう。

筆者

関東圏で保育士をやっています。一時期子育てのために現場から離れていましたが、今は復帰して現役保育士やってます!

まとめ

保育士の退職金は、原則として長く勤めることによって支給される金額が増えていきます。なるべく長く同じ園で勤められるように、よい環境の保育園を選びましょう。そうすれば、退職後の生活も安心できるのではないでしょうか。

「退職金制度あり」の求人を選ぶことは言うまでもありませんが、保育園の職場環境にもしっかり目を向けて、あらかじめ確認しておくことをオススメします。

down

コメントする





参考サイト:保育士転職のお役立ちコンテンツ